カーリース デメリット

カーリースのデメリットは何か?

カーリース,デメリット

デメリットを知ってから考えよう

カーリースについて調べていくと、メリットとなるところがたくさん見つかります。しかし、デメリットが無いというわけではありません。サービスを提供している会社ではメリットを強調しているため、勘違いしている人も多いので気をつけましょう。メリットとデメリットの両方を知って、自分にとってどれだけ得があるのかを考えていきましょう。

 

車両の所有権がポイント

リースと購入の異なる点として、自分の所有物にならないというものがあります。最終的には返却しなければなりません。
基本的な管理はリース会社が行ってくれますが、事故などが起きた時は自分で修理費用を持ち、車両保険なども自分で加入する必要があります。ちょっとした改造をしても、返却時には元に戻す必要があります。リース期間で走行距離が定められているため、常に利用する人にも厳しいところがあります。

 

よく考えてから決めよう

他にもカーリースを利用する際は、途中解約の時に違約金が発生するというものもあります。安く利用できると思っていたが、事情が変わった際に損をすることもあるので注意しましょう。
基本的にデメリット部分は、いつもではなく少し乗る程度の利用頻度なら気にならないところですが、自分の利用方法の場合はどうなのかを考えてみてください。
しかしこれらのデメリットを差し引いても、お得と感じられる人はたくさんいます。そのためカーリースは、どんどんシェアを増やしているサービスなのです。

 

 



トップページ メリット デメリット ローンと比較 コスモ石油 オリックス